歯周病になってしまった後の対処方法について

こんにちは!小宮生也です

歯を失う原因の1つに歯周病の進行があります。

歯ぐきから出血したり、膿が出始めたら歯周病の初期状態と考えて良いでしょう。

手を打たずに放置すると、歯がグラグラして、物がかめなくなり、歯が抜け落ちてしまう、それが歯周病なのです。

できれば歯周病にならずに口の中をいつも良好な状態に保ちたいものです。

では、歯周病になってしまった場合、どう対処していけば歯を失わずに済むのか、小宮生也がお伝えしていきます。

歯周病の段階別の対処法

歯周病

  • 歯ぐきが赤く腫れる状態、炎症を起こしている状態の対処方法
  • もともと歯と歯ぐきの間には1~2mmほどの隙間があるのです。

    歯垢がたまった状態を放置することで歯ぐきが炎症を起こします。

    プラーク、歯垢は細菌の塊だからです。

    そうなると、隙間はさらに広がってしまいます。

    この隙間のことを歯周ポケットと呼んでいます。

    プラークは歯周病菌の塊、巣のようなもので実は強力なバリアを張っています。

    そのため、この巣の内部まで浸透し、殺菌できるようなデンタルリンスや歯みがきを選ぶことを小宮生也はおすすめします。

    この成分、イソプロピルメチルフェノールが配合されているものが良いでしょう。

    軽度なら超極細の毛をもつ歯ブラシで歯周ポケットの汚れをかきだすようなイメージで歯ブラシをしていきます。

    この時、歯ブラシは歯の面に対して45度くらいに傾けてみがいていきます。

    歯と歯ぐきの溝に毛先が少し入るような位置になります。

    この状態で左右1mmぐらいに小刻みにマッサージするようにみがく方法を「バス法」と呼んでいます。

    あまり力を入れ過ぎず、小刻みに動かして血流をよくしていきます。

    歯と歯ぐきの間の汚れをしっかりデンタルフロス、歯間ブラシで落としていきます。

    歯垢を取り除くことで汚れを起こし、炎症を抑えていきます。

    ブヨブヨとしてきた歯ぐきが再び、ひきしまったうすいピンク色の歯ぐきになるまで日数はかかりますが、ていねいにみがくことが大切だと小宮生也は思います。

  • 歯周ポケットの奥まで炎症を起こしている状態の対処方法
  • 歯科できれいにする場合は、段階に応じて器具や治療を変えていきます。

    「スケーリング」

    先の尖った器具でおこないます。

    器具は個人でも手に入るため、自分で歯石とりができないわけではありませんが、固まってしまった歯石をとるには多少、痛みが伴う場合があります。

    また、表面にでている歯石しかとることができず、歯周ポケット内を自分でおこなうのはとても危険な作業と言えます。

    かえって歯ぐきに傷がついてしまったり、歯の表面を削り過ぎたり、と上手くいかない場合もあるので自分で無理に行わない方が良いでしょう。

    また、歯の表面をスベスベにする等、加工をすると汚れがつきにくくなります。

    ポケットの深さによっては麻酔をかけてきれいに落としていく場合もありえるので、歯科でおこなうのが無難だと小宮生也は思います。

    スケーリングで使うスケーラーは比較的、浅いポケットの汚れをかきだすのに使います。

    細菌は超音波スケーラーが用いられ、痛みが少なく歯石とりができるようになりました。

  • 重度歯周炎の対処方法
  • 歯を支えている歯槽骨にまで影響を及ぼしている状態です。

    歯科でもかなり深い位置の処置が必要となるため、麻酔をかけます。

    歯ぐきを切り開いて、歯の根元にまで浸透している歯石を取り除いていきます。

    歯周ポケットが深くなっているため、炎症を起こしている歯ぐきを取り除きます。

    そうすることでポケットを浅くすることができます。

  • 歯槽骨の再生
  • 歯ぐきを切開し、歯石を取り除き、歯ぐきを縫合して元に戻すフラップ手術があります。

    その後に歯ぐきと歯の根元に人工素材の膜を置きます。

    じつはやせた歯槽骨が育っていくスペースに歯ぐきが入り込んでしまい、歯槽骨が育つのをじゃますることがあるのです。

    これは歯ぐきの方が再生が早いためです。

    歯ぐきが入らないようにして歯槽骨の再生を待ちます。

    また、「エムドゲインゲル」というたんぱくしつでできたジェルでさきほどの膜の代わりをする治療法もあります。

    セルフケアで気を付けたいこと

    炎症を起こしている時は出血を防ぐようにします。

    そのためには、柔らかい毛のブラシを使います。

    強い圧でみがかないよう、注意をします。

    慣れてきたら中程度の毛の柔らかさに戻していきます。

    持ち方を工夫し、みがきやすい持ち方でみがく

    えんぴつを持つように歯ブラシを持ちますが、前歯があり、奥歯に向かう当たりでカーブしています。

    そのため、横のままで歯ブラシが当てにくい時は、グリップを握り、歯ブラシを縦にして1本1本、かきだすように磨くのも有効です。

    デンタルフロスの糸の部分は、歯ぐきの下の方までおろしてから抜いていきます。

    前後にスライドさせながらゆっくり動かしておろしていくのがコツです。

    歯間ブラシは歯と歯の隙間のプラークを落とすのに適しています。

    無理なく挿入できるサイズが良いでしょう。

    ・炎症を起こしている場合は出血しやすいですが、ケアを続けていくことで少しずつ、歯ぐきの状態がよくなり、出血しにくくなります。

    とりきれない歯垢は歯科で

    歯科では器具で歯周ポケットについてしまったプラークや歯石を取り除いていきます。

    さきほどのスケーリングやルートプレーニングで落としきれない場合の対処方法があります。

    ・薬物局所配送療法(LDDS)

    歯周ポケットの中に抗生物質等の薬を入れることで細菌の繁殖を抑制するものです。

    歯周ポケットの中でじわじわと薬が浸透するように作用するため、効果が長続きする方法です。

    ・歯周ポケット内洗浄法

    殺菌消毒効果のある薬で歯周ポケット内を洗浄していく方法です。

    ポビドンヨード:イソジンに含まれている成分です。

    甲状腺機能に異常がある人は重大な副作用が出る場合があります。

    まとめ

    歯周病は知らないうちに進行してしまう病気の1つですが、予防や治療ができる病気です。

    虫歯や歯周病を防ぐことでいつまでも自分の歯を残すことができます。

    小宮生也が思うに、歯周病の恐ろしいのは、歯を支えている歯槽骨という土台の骨を溶かしてしまうことです。

    これにより、歯が抜け落ちてしまいます。

    また、歯周病菌が血管に入り込むことで血栓ができやすくなり、心筋梗塞、脳梗塞の原因にもなります。

    糖尿病に関しては血管壁が傷つき、血行不良で歯周病になりやすいのと歯周病菌によりインスリンが作りにくくなるという

    負のスパイラルに陥りやすいのです。

    高齢者に多い誤嚥性肺炎は「自分のつばでも誤嚥性肺炎」を起こすと言われています。

    これはプラークのような細菌の塊が唾液と共に体内に入り込んで気管に入ってしまった場合を指します。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする