歯周病とその原因について

こんにちは!小宮生也です。

歯周病とは、口の中に起こる病気ですが、どうして歯周病になるのかご存知ですか?

口の中にはもともと微生物や菌が多く繁殖していると言われていますがそれが原因?なのでしょうか。

口の中を清潔にすることが大切とよく言われていますがそもそも歯周病とは何か?

重症化すると歯を失うとも言われている歯周病ですがなぜ歯を失ってしまうのか?

口の中の病気ですが他の病気と関連はないのか?

原因について小宮生也といろいろ探っていきましょう。

歯周病とは?

チョコレート
「プラークが原因」

歯周病の原因は「プラーク」と呼ばれる歯垢が原因です。

このプラークですが、歯に付着するネバネバしたものをさします。

色は白~黄色っぽい色をしています。

口の中にいる細菌がこのネバネバしたプラークを作りだしています。

ということは、プラークは細菌の塊ということになります。

このプラークが歯肉、歯ぐきの部分に炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かし、歯が抜けてしまう事態を引き起こしてしまいます。

ネバネバしたプラークを放置しておくと「歯石」と呼ばれる物質に変化し、さらに取り除くのが難しくなってしまいます。

なので

プラークを作らないようにする

プラークを落として清潔な口を保つ

小宮生也が思うに、この2つができていれば、歯周病ってなんとなく予防できそうですよね。

しかし、歯を失う原因は「虫歯」「歯周病」と言われているのです。

「なぜ、歯周病になるのか」

・みがき残しに注意!

それは、歯みがきしているにも関わらずみがき残しがあるからなのです。

どこにあるかというと、歯と歯の間です。

歯の表面のブラッシングをして歯がツルツルになったとしても、歯と歯の間もきちんと掃除をしないといけないのです。

歯周病は歯ぐきに炎症を起こす病気です。

とくに年齢を重ねると、歯ぐき自体が下がっていく傾向がみられます。

小宮生也が思うに、そうすると歯と歯の間に隙間ができやすくなります。

そこに汚れがたまりやすいです。

  • プラークはすぐに作られる
  • みがき残しても毎日、毎食後、歯みがきしているからどこかでカバーしているはずですよね。

    しかし、歯と歯の間はよほど意識しないときれいになっていません。

    いわゆる糸ようじ、デンタルフロスや歯間ブラシと呼ばれるものを使わないときれいにはならないのです。

    みがき残したものがプラークとなる時間は24時間です。

    24時間に1回はきちんと歯みがきしないとプラークができることになります。

    48時間で歯石になると言われているので、歯みがきは毎日、欠かさずに行った方がプラークも歯石もできにくいのです。

    「その他の原因」

    プラークは作らない、みがき残しをせずにきちんときれいにしていけば良さそうですね。

    歯周病になる原因をつくっているのはプラークだけではありません。

  • 喫煙
  • たばこは血管をきゅーっと収縮させてしまいます。

    そのため、血行が悪くなってしまうのです。

    当然、歯ぐきの血行も悪くなりますから、歯周病に対する抵抗力が落ちてしまいます。

  • ストレス
  • ストレスも同様、全身状態を悪化させてしまいます。

    免疫力が低下してしまうのです。

    そのため、歯周病に対する抵抗力が落ちてしまうのです。

  • 食生活
  • 口の中をきれいにしておきたいので、だらだら食べない。

    いつも何かしら口に入れている状態は、口の中がきれいになっている時がない、と考えましょう。

    白い砂糖はカルシウムを溶かしやすいため、虫歯になりやすいと言われています。

    また柔らかい食べ物は歯に吸着しやすいため、しっかり歯みがきすることが必要です。

  • 唾液の不足
  • 高齢になると唾液自体の分泌が減ってしまいます。

    唾液は殺菌作用があるため、口の中が潤っていることも大切な要素となるのです。

  • 糖尿病
  • 糖尿病の高血糖状態は、血管壁に傷をつけてしまう細小血管障害、傷が治りにくい状態を作り上げてしまいます。

    そのため、炎症を起こしやすくし、歯周病を重度化させやすい、と言われています。

    糖尿病の場合、負のスパイラルに陥りやすいのです。

    歯周病にかかって血管の中に歯周病を引き起こした細菌が入り込むと、血糖値を下げるインスリンを作りにくくすることがわかってきました。

    歯周病により、血糖値が上昇し、糖尿病が悪化してしまう可能性もあるのです。

    歯周病の進行とは?

    歯周病は静かに進む、と言われています。

    1. 歯肉炎:歯ぐきが赤く腫れる状態、炎症を起こしている状態
    2. 歯と歯ぐきの間に歯周ポケットができ、出血を起こします。膿をもつ場合もあります。
    3. これを軽度歯周炎と呼んでいます。

    4. 歯周ポケットの奥まで炎症を起こしている状態です。
    5. 歯を支えている土台の歯槽骨が溶けてくるため、歯がぐらぐらしてきます。

      この状態を中等度歯周炎と呼んでいます。

    6. 歯槽骨が溶けてしまい、歯の根元、歯根がでてきてしまいます。

    そうなると歯は土台についていないため、物が咬めない状態となります。

    ついに歯が抜けてしまいます。

    この状態を重度歯周炎と呼んでいます。

    では、そうならないためのセルフチェックをみてみましょう。

    歯周病セルフチェック

    1. 歯ぐきに赤く腫れた部分がある
    2. 口臭がなんとなく気になる
    3. 歯ぐきがやせてきたみたい
    4. 歯と歯の間にものがつまりやすい
    5. 歯をみがいたあと、歯ブラシに血がついたり、すすいだ水に血が混じることがある
    6. 歯と歯の間の歯ぐきが鋭角的な三角形ではなく、うっ血していてブヨブヨしている
    7. ときどき、歯が浮いたような感じがする
    8. 指でさわってみて少しグラつく歯がある
    9. 歯ぐきから膿が出たことがある

    1~2個で軽度の歯肉炎にあたります。

    3~5以上あると歯周病が進行していると判断した方が良いでしょう。

    ちなみに0だった場合は、きれいにみがけています。

    予防するなら、1年に1回は定期健診を受けておくことを小宮生也はおススメします。

    まとめ

    口は毎日、食事をするので最も身近な器官と言えます。

    歯が丈夫で美味しくご飯が食べられる状態を少しでも維持した方が良いですよね。

    そのためには「虫歯」「歯周病」を防いでいく必要があります。

    歯槽骨のように土台となっている歯が溶けてきてしまっては取返しのつかないことになります。

    歯をすっかり失ってからではどうしようもありません。

    そのためにも日頃のブラッシング、歯みがきをきちんとおこない、気になる症状がみられたら早めに受診することが大切です。

    以上、歯周病とその原因について小宮生也がご説明しました。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする