一度失ったら取り戻せない「緑内障」

こんにちは!小宮生也です。
今回ご紹介する病気は、「緑内障」についてです。
緑内障は失明原因第一位の目の病気です。40歳以上の20人に一人が緑内障と言われています。また、緑内障は症状が進行する前に発見し、治療を始めることが大切な病気です。
事前に緑内障と診断されていた人は少なく、ほとんどの人が、自分は緑内障だと知らなかったそうです。
そんな緑内障について小宮生也がご説明して行きたいと思います。

緑内障とは??

男性の目

緑内障とは、目が正常な機能を保てる「適正な眼圧」以上の眼圧になってしまうため、視神経が障害されて、視野が欠けてくるという病気です。
視神経とは、目から入って来た情報を脳に伝達する働きをするため、障害が起きると視野が狭くなってしまうのです。
緑内障になると、眼圧などによって視神経のミトコンドリアの輸送が滞り、視神経の軸索がダメージを受けることによって、視神経が死ぬと考えられています。
治療が遅れると失明して大変なことになると言いますが、なぜかというと、一度障害を受けた視神経は再生する事は無いからです。そのため、治療が遅れると手遅れになり、失明する可能性があるわけです。
緑内障は、中高年の人に多い代表的な病気なので、症状が無い場合でも、定期的に眼科検診を受けることが大切です。

実際に小宮生也の祖父も緑内障にかかり、自覚症状が出て眼科を受信した時にはもうかなり病状が進んでいる状態でした。

原因

緑内障の直接的な原因は、全房内の房水が隅角からうまく排出されないために、眼球内の眼圧が高くなることです。
リスク要因としては、眼圧の上昇による視神経の障害が主な要因になるのですが、その他にも、血流障害、近視なども緑内障の悪化に関わっていて、どの症状が影響しているかによっても、治療法も異なります。

症状

・視野が欠ける
・視野が狭くなる
・視力が低下する

症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきますが、進行は非常にゆっくりでまた、両方の目が同時に進行することは稀のため、病気がかなり進行するまでなかなか自覚症状はありません。
そのため、見え方に違和感がある、最近見えづらい、など何かおかしいなと変化があった場合は、緑内障はかなり進行している状態だと考えられます。
緑内障が怖いのは、進行は常に一方通行なので、喪失した視野や視力を治療によって戻すことはできないのです。緑内障の治療は、あくまでも進行を遅くするためのものであり、治療によって見え方を改善するものではないのです。
また、急性緑内障の場合は、目の痛み、充血、目のかすみ、また頭痛や吐き気まで、ひどい症状が現れます。

検査

緑内障を判断するには、定期的に多くの検査を受ける必要があります。
また、基本的には生涯生きている限り続けていく必要があるのです。

○眼圧検査
眼圧測定器にはいくつか種類がありますが、患者さんの目に直接接触して測定するものや、患者さんの目に圧縮した空気を吹き込んで測る機械などもあります。
○隅角検査
隅角検査は診断のために行う検査で、専用のコンタクトレンズを用いて行います。
この特殊なコンタクトレンズを患者さんの目に押し当てて観察して診断するのです。点眼麻酔をするので、痛みはありません。
○眼底検査
視神経の障害の程度がどのくらいかを判断するために行う検査です。
視神経の眼球の出口には小さなくぼみがあり、緑内障ではこのくぼみが拡大するのです。この検査では、少しまぶしいことはありますが、痛みなどはありません。
○視野検査
視野検査は見える範囲を調べる検査です。
特殊な機械の前に座って、小さな光が見えるか見えないかでボタンを押します。この検査は緑内障の進行具合を判断するために、最も重要な検査です。

まとめ

いかがでしたでしょうか??
緑内障は早期診断と治療が必要だということ、またなぜ怖い病気なのか、知ることが出来ましたね。
視力は生きていくなかでとても大切なものだと思います。もし、緑内障になったとしても、早期診断により、早く治療することで、少しでも進行を遅くすることが大切です。
定期的な眼科受診を心がけましょう。

以上、小宮生也がご紹介いたしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする