椎間板ヘルニアについて

こんにちは!小宮生也です。

皆さんは椎間板ヘルニアという病気をご存知でしょうか?医学系の雑誌やテレビなどを観ているとたまーに出てきます。
簡単に説明すると、背骨の病気になります。背骨には椎間板という椎骨と椎骨のクッションの役割をはたすものがあります。
そのクッションに異常を起こすと、椎間板ヘルニアになる可能性があります。
老若男女、世代を問わず発病する椎間板ヘルニアの原因と対処法について、私、小宮生也がご紹介致します。

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニア
背骨のクッションの役割をはたす椎間板の中に存在するジェル状の組織が、一定の範囲を超えて外に飛び出してしまった状態のことを指します。これにより、神経が圧迫され激しい腰痛や脚の痛み、しびれなどの症状が引き起こります。
世代別に見ると、20代~40代の男女が多く発生する傾向にあります。

椎間板ヘルニアの原因

一般的に椎間板は小学生4年生、つまり10歳前後から老化が進行します。10歳と聞いて、早いと思った方も多いかと思いますが、医学的に証明されている事実です。老化が進行している中で、例えば重い荷物を急に持ち上げる、あるいは仕事でいつも中腰を体制をとる、運動の激しいスポーツで腰の負担が過重にかかるといったことがキッカケに発症します。また、喫煙、ストレスなどの負担も原因のひとつと言われています。

ちなみに、私、小宮生也も椎間板ヘルニアの初期症状に一度かかりました。
初期なので、そこまで動けないほどではありませんでしたが、腰に激しい痛みを感じることもありました。
例えるなら・・・鉄の棒で骨に直接叩かれている感じです。ズーン、ときますね。

椎間板ヘルニアの対処法

最近、腰が痛い、脚が痛いなどの違和感を覚えたら、すぐに病院に行きましょう。
病院に行けば、MRI検査を行い医学的観点から椎間板ヘルニアの診断が行われます。

椎間板ヘルニアの治療には主に手術的療法と保存療法に分けられます。

保存療法

神経の圧迫を直接的に改善するのではなく、薬などによる痛みの軽減する対処療法になります。
重度のヘルニアではない限りは、まずは保存療法をするのが一般的になります。

手術的療法

保存治療法でも炎症が治まらない場合は、手術になります。
直に椎間板を摘出するものや、レーザーなどで椎間板の圧力を減らす手術療法があります。
医師の診断によって、手術内容が異なるため、手術を受ける際はしっかりと相談をしましょう。

まとめ

椎間板ヘルニアは誰にでも起こりうる病気です。
発病の防止というのはなかなか難しいですが、日々の姿勢などを今一度改めることにより、1%でも発病のリストを抑えることができます。この記事を読んで、「ひょっとして、私椎間板ヘルニアかも?」と少しで思った方がいましたら、今すぐに病院に行って検査をしてもらうようにしましょう。

以上、小宮生也が椎間板ヘルニアについてご紹介致しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする