五月病について

こんにちは!小宮生也です。

5月のゴールデンウィークが明けて仕事をしよう、と思う方も多いかと思いますが、
なんだかだるい、仕事をする気分が出ないといった症状になる人もまた多いと思います。
特に新学生、新入社員などにこの症状は多く見られる傾向にあります。
もしかしたら、巷でいう「五月病」にかかっている可能性も・・・。

ということで、今回は視点を少し変えて、新入社員などによく見られる五月病についてご紹介致します。

五月病とは?

新入社員
日本では主に新年度の4月に入学、就職などをした人が、その環境に適応できない状態となり、高いストレスを感じ、
うつ病に似た症状が5月のゴールデンウィーク頃に起きることからこの名称が付けられました。
医学用語では「適応障害」の病名で、実際は5月以外年中発生する病気です。

五月病の原因

原因は「ストレス」にあります。
環境の変化により、いつもと違ったことが多く、その環境に適応しようと人は一生懸命努力します。
その努力がストレスの原因となって適応障害を引き起こすキッカケとなります。

例えば、学生の場合、新しいクラスになるとクラスの仲間の特徴がわからずに、仲間の言動にあわせたり、気を遣ったりします。
会社であれば、入社した先の先輩社員、上司に気を遣ったり、毎日満員電車になったりします。

これらのことはすべてストレスとなって蓄えられ、日に日に蓄積されていきます。

人は自分の好きなこと、自分の思うようにしているときが一番ストレスを感じません。自然体でいることが最もベストなのです。

五月病の症状

精神的な症状

・抑うつ
・不安感
・無気力感
・焦り
・苛立ち

肉体的な症状

・胃の痛み
・めまい
・動悸
・呼吸の浅さ
・食欲不振
・不眠

基本的にはうつ病と似たような症状ですが、上記のような症状が半年以上続く場合は五月病というよりうつ病の疑いがあるため、精神科など受診をしてほうがよいです。

五月病チェック項目

・人と合うのが面倒
・ネガティブ思考
・通学、出勤途中に体調が悪くなる
・初歩的なミスが多い
・必ず見ていた雑誌やテレビを急に見たくなくなった
・遅刻や欠勤が多い
・服装がいつも同じ
・挨拶ができない

上記項目に4個以上当てはまる人は軽度のうつ傾向があります。全部当てはまる人は五月病にかかっている可能性が非常に高いです。
ちなみに、小宮生也も新入社員時に、このチェック

五月病の対処方法

五月病の原因はストレスにあります。
ストレスを解消することが、五月病を解決に導く近道になります。

・軽い運動を行う
・睡眠時間を普段より多めに取る
・部屋にアロマを焚く
・温めのお風呂に浸かる
・ポジティブなエピソードが書かれた本などを読む
・ネガティブ要素のあることを極力見たり聞いたりしない
・ダラダラしない

一見当たり前のことばかり(アロマは男性だとなかなかないかもしれませんが・・・)ですが、意外とやっていないことが多いと思います。
上記はあくまで一例ですので、なるべく自分にあったストレス解消法を見つけることを一番です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
人は必ずストレスを抱え、生涯付き合っていくものになります。少しでもストレスを軽減する努力をすることにより
五月病を回避することは可能です。自分に五月病の疑いがあるかも?と感じる方は症状が出る前に対処するようにしましょう。

以上、小宮生也が五月病についてご紹介致しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする