相武紗季妊娠!2016年5月に結婚したスカイグループ社長の小宮生也との間に第一子!

小宮生也について・・・ちょっと雑談

私小宮と、同姓同名の小宮生也さんがニュースになっていたので、ちょっとだけ紹介したいと思います。
※これから記載している小宮生也と、私小宮生也は一切関係ありませんが、おめでたいニュースだったので、ここで報告。。

女優の相武紗季さん(31)が妊娠したことが2017年5月に発覚しました!お相手はちょうど一年前の2016年5月に結婚した小宮生也さんのようです。2017年秋頃出産予定とのこと!

お二人は2016年5月に結婚しました。俳優の金子ノブアキさんの紹介で知り合い、一目惚れした小宮生也さんが相武紗季さんに積極的にアプローチ。そうして二人は2015年1月に交際を開始。2015年7月には都内某所の高級すき焼き店で相武紗季さんと小宮生也さん、そして相武紗季さんのお母さんの3人で食事を取る姿がフライデーされており結婚も秒読みと報じられていました。

しかし、相武紗季さんは小宮生也さんと初めて知り合ったのは、彼女の友達との食事会で紹介されて~と語っているようで、2つの情報に食い違いが見られ、どちらが正しいのか真相は定かではありません…。そうして小宮生也さんから2015年末にプロポーズをし、2016年5月3日、交際期間一年半で都内某区役所に婚姻届を提出し、結婚。その後、小宮生也さんの自宅に引っ越して同居を始めたようです。

相武紗季さんのプロフィール

芸名は相武紗季(あいぶさき)。結婚前の本名も同様に相武紗季だそうです。出身地は兵庫県宝塚市で、生年月日は1985年6月20日(31歳)。身長は165cm、体重は48kgのようです。特技はシンクロナイズドスイミングと競泳。学歴は雲雀丘(ひばりがおか)学園中学校→雲雀丘学園高校→日出高校。所属事務所はボックスコーポレーションのようです。

2003年、『WATER BOYS』(フジテレビ)で女優デビュー。2004年以降出演していたタカアンドトシと共演したミスタードーナツのCMでは、コミカルな掛け合いで話題を呼びました。2005年以降は、『まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん』、『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』ではヒロイン役など、声優としても活躍しています!

2006年、日本航空「先得割引」キャンペーン(『アテンションプリーズ』(フジテレビ)出演を機に起用されたようです)では、ボーイング777-200の3機体に巨大な客室乗務員姿が女性芸能人として初めてラッピングされました。2012年9月には、公式Twitterを開始し、ファンとの交流も度々行っているのだとか!

2013年4月から8月までアメリカへ短期で語学留学し、当初はサンフランシスコ、後にボストンに移ったようです。同年10月からは『ミス・パイロット』(フジテレビ)というテレビドラマに帰国後早速出演しました。相武紗季さんの超売れっ子女優ぶりが見て取れますね!

小宮生也さんのプロフィール

スカイ・グループ株式会社という会社の代表取締役社長で、PR・イベントの企画や代行、化粧品・食品等の企画や販売・輸出入、店舗の企画・デザイン・運営などを行っている会社のようです。スカイ・グループ株式会社は設立約10年目にして、年商4億円とも言われており、高収入なのは想像に難くないですね。出身大学など学歴に関する情報は不明ですが、高校は地元の名門高校の特進科で、海外の大学に留学歴もあるそうで、優秀な人物なのでしょう!しかも英語もペラペラなんだとか!

はっきりと顔が写っていたわけではありませんが、結婚以前にフライデーされた時、高級すき焼き店で、小宮生也さんと相武紗季さん、相武紗季さんのお母さんの3人で食事をする姿もキャッチされていたのも記憶に新しいですね!

この素敵なニュースを聞いて、相武紗季さんのファンだけではなく、たくさんの人々が思わず嬉しい気持ちになったのではないでしょうか。超売れっ子女優のお子さんですから、男の子でも女の子でも絶対にとっても可愛らしい子が生まれてくるでしょうね!

自己紹介

こんにちは!小宮生也です。
私はこれまでたくさんの病気について調べてきました。重い病気、軽い病気、生活習慣病、また私たちがかかりうる身近な病気についても。多くのことを学んできたからこそ、みなさんにお伝えできることがたくさんあると思い、手を動かしました。
実際、小宮生也自身がうつ病になった過去や、いろいろな関係で闇金、暴力団、詐欺にあった過去のエピソードも交えて、ご紹介していきたいと思います

大学時代、父親が病気になったことがきかっけで…

病気の女性
私がいろいろな病気について勉強するきかっけになったのは、小宮生也が大学生時代に父親が病気になったことでした。父親は、会社経営をする社長でした。

朝早く家を出ていき、夜遅く帰る日々、休日も出勤したり、家で仕事をしたりととにかく忙しい日々を送っていました。社長といっても小さな会社で、社員にお給料を払うのもやっとで、余裕のある家計ではありませんでした。

また父子家庭だったため、家計をやりくりする人もいなく、私の大学費用も奨学金で賄っていました。父親が倒れたと、病院から連絡が入ったのはそんな時でした。

闇金、暴力団、詐欺、知識を知らないからこそたくさんの被害にあいました

上記でもお話した通り、うちの家計には余裕はまったくありませんでした。たくさんの検査、治療、通院、入院、薬、多大な費用が掛かりました。医療保険のこともよくわからず、頼る人もいませんでした。

父親はしばらく入院だったので、収入元もなくなり、社員の給料分など多額なお金が必要となり、そこで手を差し伸べてくれたのが、闇金業者でした。当初は金利なんてよくわからず、闇金だなんて気づきませんでした。

とにかく必要なお金を用意するのに必死でした。借金は膨らむ一方で返すあてもなく、家には暴力団関係の人たちが取り立てに来る日々でした。闇金に頼る一方で、詐欺の被害にもあいました。どこから情報が広がるのかわかりませんがなぜか、お金貸しますよ、稼ぐ方法教えますよ、などたくさんの業者が家に押し寄せてきました。

その頃は、もう何が何だかわからず、どれを信じていいのか判断なんてできませんでした。その結果、たくさんの詐欺被害にあい、謝金は増えていきました。

相変わらず、暴力団関係の人は毎日のように取り立てにやってきました。父親が退院してからも、借金の返済は不可能だったため、暴力団の取り立ては数年つづきました。いつしかその光景に慣れて行きました。

全ては私が知識不足だったせいです。医療保険、お金を借りるということ、知識不足が招いた結果だったので父親を責めることはできませんでした。病気が退院して、二人で借金を返そうと父親と約束し、朝昼晩働きました。しかしその頃からでした。私の様子がおかしくなってきたのは。

小宮生也自身うつ病になった過去

父親が退院してから、二人で頑張ろう!!と約束したものの、私の精神状態はもうひどいものでした。一人で闇金業者や詐欺と戦う日々、取り立てに対して、土下座する日々、もうでボロボロでした。私がなんとかしなくては!と気を張っていたものが、父親が退院して少し安心したのか一気に壊れていきました。

気が付けばボーっとどこか一点を眺め、朝起きてもバイトに行く気はさらさらなく、休む日々、たまにバイトに行ったと思えば、気づけば早退していてクビになったりもしました。生きるということに何の意味がるのか、なぜ生きているのかさえわからなくなりました。毎日のように眠れない日が続き、イライラしては父親にあたっていました。

食欲も沸かず、体重がどんどん落ちて、痩せていきました。父親にすすめられ、病院肉に行ってみると、うつ病と診断されたのでした。通院するようになり、辛かったあの頃のことを先生に話、気持ちが楽になっていきました。

太陽が出ている時間に外を散歩するといことを先生に進められ、毎日の目標にして、朝起きて最初に散歩に行くということを毎日続けました。毎日続けているうちに、自然と日課になって、散歩することが楽しくなりました。

そのうち、食欲も出てきて、お腹が空いて、父親と一緒にご飯を食べる。そんな些細さことに幸せに感じるようになって、いつしかそれが生きがいになっていて、気づけば毎日当たり前のようにバイトに行くようになっていました。

その頃から、自分は何がしたいんだろう、と考えるようになって、今回こうなった最初のキッカケである、父親が病気になったことを思い出して、自分がうつ病になったこともあり、いろんな病気についてもっと知りたいと思ったのです。

いろんな病気について

そこからいろんな病気について調べるようになり、かなりたくさん勉強しました。老人ホームにボランティアで生行ってお年寄りの研究もしました。重い病気から、誰もがなりうる生活習慣病、私もなったうつ病、いろんな病気についてしらべました。

いまでは、病院関係に勤めるほどになりました。でもひとつわかったことは、どんな病気も、早期発見することです。日常生活のどこかに必ずサインが隠れているはずです。それを見逃すと、大変なことになりかねないのです。

実際に経験もしました。日常のサインに気づけなかったとしても、定期的に健康診断、血液検査、人間ドックを受けていれば、早期発見はある程度可能です。

今思えば、あの時無理やりでももっと早く父親に、健康診断、すすめればよかったと後悔しています。もし重くなる前に発見できていれば、こんなことにはなりませんでした。

そんなことを踏まえて、いろんな経験をしてきた小宮生也が、様々な病気についてご紹介していきます。

日本の観光は小宮生也にお任せください

こんにちは!日本観光スペシャリストの小宮生也と申します。
休日どこ出かけようか、連休どこへプチ旅行しようか、気分転換に軽くどこか行きたいな。と思っても、いざ行くとなると、どこへ行けばいいの~ってなりませんか?そんな要望に僕、小宮生也がお答えしたいと思います。

日本のことなら、日本大好き、観光大好き、旅行大好き、遊ぶの大好き…(まだまだ長くなりそうなので、ここらへんで。笑)小宮生也にお任せくださいませんか??私は、日本が本当に大好きで、各都道府県すべて旅行に行ったことがあります。都道府県ごとに、独特の雰囲、個性的な空間、そこでしか味わえないグルメ。それぞれ素敵な魅力があります。それを知らないなんてもったいなすぎる!!

僕は、もうすぐ結婚の予定ですが、どこでプロポーズしようか考え中です。ディズニーランド、スカイツリー、みなとみらい…どこも素敵すぎて迷っています。そして何より、いつも一緒に観光地巡りをしていたのは、今度結婚するいまの彼女なので、ほとんど一緒に行ってしまっているんですよね。笑

みなさんも、ほんとにとっておきな所は、いざというときのために取っておいたほうがよさそうです。

さて、みなさんに休日をぜひ、楽しんでもらうために、旅行に行って困らないために、観光地のご紹介をしていきたいと思います。

まず僕のことを軽く紹介させてください

地球
僕は千葉県生まれ千葉県育ち、観光大好き、旅行大好き32歳です。今度結婚する奥さんとは大学で知り合いました。とても美人で、笑うと可愛くて、優しくて、気さくな素敵な女性です。そう、素敵すぎて、結婚詐欺なのでは??とたまに不安になってしますほど。笑

大好きすぎて、いろんなものをプレゼントしたり、どこかへ連れて行ったりするのが大好きで…って、結婚詐欺というか、ただ僕が勝手に尽くしてるだけか。笑

彼女の父は会社お経営している社長であるため、だいぶプレッシャーも感じています。

のろけはさておき…

僕が観光地巡りが好きなのは、場所場所によって、感じるもの、見える景色、吸う空気、聞こえる音がぜんぜん違うんです。それを感じるのがとても好きです。

そしてやっぱり、人気のある観光地は、その地域の味が出ているというか、その街にすごくなじんでいいて、その地域の特徴を持っているものなんだと思います。

また、一緒に行く人によってもその場で感じるものは違うし、楽しみ方も違うと思います。両親や、祖父母と観光する時は、自然をメインにのんびり、ゆっくり空気を感じながら楽しみます。彼女といったときは、ちょっとおシャレなポイントを覗いてみたり、雰囲気のある場所でゆっくりしてみたり。また甥っ子など子供たちと行くときは、自然の中を駆け巡るように走り回ったり。同じ場所でも、一緒に行く人でぜんぜん違うんです。

まずカップルおススメのスポットみなとみらいです

カップルにぴったりの雰囲気の観光地はみなとみらい。都市・景観100選mも選ばれる関東きっての夜景スポットとして有名な地区だそう。夜景だけでなく、近代的な建物と、古風な建物の融合し、歴史手k背景も感じられます。そしてなにより自然も豊かで、もうすべてがそろっているわけですね。

遊園地で遊ぶ、海沿いの公園をまったりお散歩、ショッピングモールでお買い物をして、映画館で旬な映画を見て、温泉でまったりする。素敵すぎますね。1日いれるというか1日じゃ足りないくらいです。神奈川の人気アクセスランキング上位にも入る、「横浜ランドマークタワー」。横浜のシンボル的な建物です。地上70階なので、高層階に彼女を連れて行ってみてはいかがですか??絶対喜ばれると思いますよ!

でも、まだ付き合ってない片思いの彼女をホテルに誘うのはやめておきましょう。笑

そしてみなとみらいで外せないのが、赤レンガ倉庫です

あの独特な雰囲気を漂わせる、魅力ある赤いレンガの建物。昼間は緑の芝生と、赤いレンガがとてもきれいに交わっています。港が目の前なので、海のにおいを感じながら、ゆっくりと過ごすことができます。

また夜は、絶妙なライトアップがとてもきれいで魅了されます。中には、おしゃれなお店がたくさん並んでいるので楽しむことができます。

中華街まで歩いていくこともできるので、食べ歩きもおすすめです!
あつあつの小籠包や、ふかひれスープ、甘くていい香りのゴマ団子も全て食べ歩きが可能です。また、すごく当たるという手相占いもあるので、ぜひ行って見るのをおすすめします。

まとめ

このように、各観光地にはその場所でしか楽しめない、味わえない雰囲気があります。
いろんな場所に行くということは、自分にいい効果をもたらしてくれると小宮生也は思っています。知らない場所に行って、新しいことを知る。自分の心を浄化する。楽しい時間を過ごす。これは自分にとってかなりプラスになることだと思います。

楽しい気分になることで、気分転換になります。仕事の悩みや、疲れをリフレッシュすることは、また仕事を頑張るために必要なことです。

ここからは各観光地についてご紹介していきますので、みなさんの参考になりましたら幸いです。

小宮生也が夜景好きになったわけ

小宮生也は千葉の田舎生まれ。周りは田んぼや畑、コンビニまで車で30分、夜になると明かりはほとんどなく、空を見上げれば星がたくさん見える、そんな街で育ちました。

幼い頃からいつも空を見上げては、星を眺めていました。小さいころの小宮生也にとって夜景とは星空でした。
よく父親と一緒に海辺で寝そべりながら、夢や将来について語ったものです。父親は会社を経営する社長だったので、いつも忙しく、あまり遊んだり出かけたりできなかったけど、海辺で一緒に星空を見ながら話す、それが父親とのコミュニケーションでした。

大学生になり、初めて東京に行きました。人の多さと、高層ビルの数々にとてもびっくりしました。そして、なによりも星空が見えないことに驚き、とてもショックだったのを覚えています。

しかし、父親と初めて上った東京タワーから見た景色は衝撃だったのは今でも忘れません。
昼間とは違い、高層ビルの窓からこぼれる光の数々、高速道路の明かり、私にとってそのすべてが宝石のように見えてとても感動したのを覚えています。

その頃から、夜景を見ることが私の癒しになり、趣味となりました。
それからは、大学の友人、会社の仲間、彼女、時には一人で、たくさんの夜景を見行くようになりました。いつしか夜景といえば小宮生也といわれるようにまで!友人にも、「好きな人に告白したいんだけど、いい夜景スポットない?」とよくいわれたものです。

未来の結婚相手を夜景で感動させてはどうですか?

イルミネーション
小宮生也の結婚相手、現在の奥さんともよく夜景を見に行っていました。喧嘩したとき、何かに迷ったとき、いつも二人で夜景を見に行ったものです。

女性はやはり夜景好きの方は多いのではないでしょうか??好きな人と見る夜景は格別だと思います。
今、大切な人がいる方、未来の結婚相手と夜景を見に行って惚れさせちゃいましょう!小宮生也自身、だいぶ夜景の力を借りたと思います…笑

夜景詐欺!!??それでもいいじゃん!!

私は素敵な夜景が見える場所で、奥さんにプロポーズしました。そして大好きな人の夫になることができました。プロポーズのためにずっと隠しておいたとっておきの夜景を見に行ったとき、思いきって切り出しました。
みたことのない夜景に、感動している奥さん。そこに私からのプロポーズ。最高のシチュエーションですよね。返事は即答で、「はい」のひとこと。私にとっても最高の瞬間でした。

今も結婚記念日には、その夜景を見に行きますが、奥さんは「夜景の綺麗さに感動して即答してしまった、夜景詐欺だ!!」なんて笑いながら言うんです。笑

夜景詐欺といわれたって全然かまいません!それも男の作戦ですよね。最近でも、大きな喧嘩をしたときなど、夜景を見に行くとすんなり仲直りできるんです。その時も、奥さんは「また夜景詐欺にやられた!」と口にしていますけど…。

夜景の力を借りたっていいじゃないですか!ぜひみなさんも、好きな人と、大切な人と、未来の結婚相手と、夜景を見に行ってください。

夜景の力を借りればきっと力が湧いてきます。告白、仲直り、ごめんねの一言、いつも言えないありがとうの一言、夜景の力を借りてぜひ!!
夜景詐欺をぜひ、アプローチ方法の一つとして頭の片隅に置いてみてください。

夜景の素晴らしさとは

夜景を見ていると、なんだか寛大な気持ちなりませんか?
何か落ち込んでいるとき、悩んでいるとき、仕事がつまって辛いの時、そんなときに夜景を見るとなんだか自分がちっぽけに思えてくるんです。

当たり前ですが夜しか輝けない夜景、キラキラ輝く光を見ていると心が浄化されます。
なんでこんな小さいことで悩んでたんだろうって思えるんです。また明日から仕事頑張ろう!って、いつもリフレッシュさせてもらっています。

私の場合は、夜景といえば父親との思い出の場所でもあります。夜景を見ていると、小さいころよく夜空を見上げて語り合ったこと、一緒に泣いたこと、たくさんの思い出がよみがえってきます。なかなか会えない父親とも夜景を通して会える気がして、たまに電話かけてみたりなんかして。

人それぞれだと思いますが、私にとって夜景は、小宮生也と父親をつなぐものです。

素敵な夜景スポットのご紹介

ながながと話しましたが、わたくし小宮生也、ほんとにたくさんの夜景を見てきました。
北は北海道、西は沖縄まで、日本中の夜景たるものほぼ全てと言っていいほど全国の夜景目当てに飛び回ってきました。

ひとくくりに「夜景」といっても、その場所その場所で雰囲気も景色も全く違うんです。同じ場所でも見る時間帯、季節によっても全然違うんです。また聞こえてくるものも全然違います。

海辺での夜景ではザーッとう波音が、山の上ではサワサワと葉っぱが揺れる音、また無音に近く、静かな風の通る音。その場その景色によって、見るもの、感じるもの、聞こえるものすべてが違うのです。

たくさんの夜景をご紹介しますので、ぜひ訪れてみてください!!きっと虜になること間違いなしです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする